ファッションスタイル 〜SPORTY(スポーティー)〜

イメージコンサルタントの伊藤美帆です。

「ファッションスタイル」って、聞き慣れない言葉かもしれませんね。

イメージコンサルティングの本場、NY式では「Seven Fashion Styles]といって、ファッションのタイプを7つに分けています。

(よろしかったら 自分のファッションスタイルって? もお読みくださいね)


7つのファッションスタイルの中から、今日ご紹介するのは SPOTY(スポーティー)です。

参考になる有名人は、SHIOHOさん・長谷川理恵さん・山田優さん・長谷川潤さん

モデル系のナイスバディの方が多いですね。

デニム

印象は

  • 自然体で親しみやすい
  • 作り込みないヘアスタイルや、ナチュラルな雰囲気のメイク
  • シンプルな小物使い
  • 着心地の良い服を選ぶ
  • 動きやすさや、機能性も重視

でもね、ちょっと待ってください。これをそのままやってしまうと、「手抜きな人」決定です。

モデルさんたちの「自然体」はプロのスタイリストが作り上げた作品です。ナチュラルに見えて、実は計算し尽くされています。

撮影の時はTシャツだって、ボディラインが綺麗に見えるように、見えないところでピンでつまんだりしています。

簡単そうに見えて、実は手強いのが「スポーティー」スタイルなんです 笑


では、どうやって雑誌から出てきたような、「おしゃれなスポーティー」を実現するか?

それは似合うものを知ることです!

例えばTシャツ。どれでも同じではありません。Uネック、ボートネック、Vネック…まだまだ沢山ありますが、首回りのラインや開きの深さ、角度で「似合い度」は大きく変わります。

デニムも、裾の5mmの違いで垢抜け方が大きく違います。

素材、袖の長さ、サイズ感 etc…ベーシックアイテムなだけに、選択肢は限りありません。

そこで、「フェイスタイプ診断」と「ボディタイプ診断」を組み合わせて、「あなたに似合う服」を見つけ、スポーティーなコーディネートを一緒に考えていきます。

自分に合うものを一度わかってしまえば、もう大丈夫です!「似合う」を体感すると、自然と「あ、これ行けそう」とわかってきます。

おしゃれな人が、同じブランドのTシャツをリピートするのはこの辺に理由があります。


「力の抜けたおしゃれ」と「手抜き」が紙一重のスポーティースタイル。しっかり攻略して、おしゃれを楽しみましょう!

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます。

現在受付中のおすすめメニューのご紹介です。
今日のブログでご紹介した「おしゃれなスポーティー」のアドバイスもさせていただきます。